お金に関すること

【断捨離】銀行口座別を減らすと節約にもなるよ

断捨離というと、洋服だったり、雑貨だったり、主に身の回りの物を減らすことが多いと思いますが、環境の断捨離も同じような効果があります。

先日、ほとんど使っていない銀行口座を解約してきました。

自分の銀行口座、すべて把握してる?

銀行口座を解約しようと思ったきっかけは、使っていない銀行からお知らせが来たこと。

「あなたの口座、しばらく入出金ないから確認してね」
という内容のものでした。

言われてみれば、メインで使っている銀行以外の状況が把握できてない

私がメインで使っている口座は1つだけ。
どうせ複数の口座があるならと、一時、目的別に口座を分けてみたこともありましたが、いちいちお金を移し替えるのが面倒でやめました。

銀行口座は時には、自分が望んでいなくても増えることがあります。
就職した会社で給料の振込先が特定の銀行だったり。
引っ越して使いやすい銀行がかわったり。

しかも今は、電子マネーや仮想通貨といった支払い方法も増えているため、全資産の把握が複雑になっていますよね。

現在持っている口座は全部で5つ(個人名義のもの)。

  • S(メインバンク。給与振り込み、クレジット引き下ろしなど流動的なもの)
  • Y(貯蓄専用)
  • R(投資専用)
  • C(・・・)
  • K(・・・)

すっかり存在を忘れていた銀行口座・・・もしかしたら損をしているかも

『休眠口座』って知ってますか?

何年も使用していない口座は休眠口座とされ、数年経つと口座に入っているお金は銀行のものになるとかならないとか。
数年前にニュースで見たのを思い出しました。

最後にお金を出し入れした日や定期預金の最後の満期日から、銀行では10年、ゆうちょ銀行では5年以上経ったもののうち、預金者本人と連絡のつかないもの。
該当すると考えられるのは、子供の頃や結婚前などに使っていた口座、亡くなった方の口座など。

出典:休眠口座について考えるための情報サイト

調べてみると、通帳や印鑑などを持って窓口に行けばいつでも払い戻しが受けられるようです。

でも身軽に生活したい身としては、そんな中途半端な存在は気持ち悪い!

毎日支出を減らそうと頑張っているのに、手元にあるお金をどこかに置きっぱなしだなんて、自己管理が甘いです。
節約以前に気をつけておきたいところ。

銀行口座の解約の方法

今回は、ほぼ使っていないC銀行を解約することにしました。
解約に必要な物は以下の通り。

  • 通帳
  • キャッシュカード
  • 印鑑
  • 身分証明書

とりあえずこれらがあれば解約できると思いますが、あらかじめ解約する銀行のHPを確認しておきましょう。

また、当然ですが土日はやっておりませんので、平日時間があるときじゃないと無理ですね。
平日やることリストに書いておくと忘れなくて良いです。

※開設した支店じゃなくても解約手続きはできます。あらかじめ確認しましょう。
※本人じゃなくても解約手続きはできます。必要な書類が増えるのであらかじめ確認しましょう

私は夏休みに行ってきました!
開設した支店ではなく、最寄りの支店へ。

事前に上記のことを確認していたので、スムーズに手続きが進みました。
実はキャッシュカードが見つからず、キャッシュカードの紛失届も合わせてお願いしたのですが、30分もかからず終了。
そしてキャッシュカードは後日見つかりました・・・

ちなみに通帳に入っていた金額は20数万。
思わぬ収入!と喜びたいところですが、やはり大事な物の管理はしっかりしておかないとダメだなーと反省したのでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください