ミニマリスト

ミニマリストは冬コーディネートがラクな理由

物は少ないほうが過ごしやすいです。

ただ、ファッションに関しては、どこまでミニマムにするか悩むところ。

いくらスティーブジョブズがいつも黒のタートルネックにジーンズ、足下はスニーカーだったからと言って、同じようにできるならそもそも悩みませんよね。

できるだけ服は減らしたい。
だけどオシャレ心までは捨てきれない!

この相反する問題をどうやって解消するか、検討してみましょう。

ファッションに頭を悩ませる理由

毎日同じ人と顔を合わせる場合、
「あの人いつも同じ服を着てる・・・」
なんて思われるのは持ってのほか。

それだけならまだしも、
「貧乏なのかな?」
「清潔じゃなさそう・・・」
なんてイメージを与えてしまったら最悪ですよね。

なかなか洋服を減らせない理由は、ファッションセンス=あなたのセンスと見なされるから。

センスとは、物事を俯瞰的に見ることができる能力なのです。

自分の生活範囲を考えてみよう

特定の人に「いつも同じ服を着ている」と思われないためには、その人に会う時だけ違う服を着ておけば、誤解を防ぐことができます。

定期的に会う相手がいる場合

例えば、あなたが週に一回、ダンス教室に通っているとしましょう。

レッスン日は毎週火曜日。
もし、毎週火曜日に同じ服を着ていたら、レッスン仲間には確実に「毎回同じ服着てるな~」って思われますよね。

毎週、同じ曜日に同じ服を着てるとは限らないよ!という声もあるかもしれません。
むしろそういう人のほうが少ないでしょう(笑)

 

そして実際には、他人が先週のあなたの服装を覚えている確率はかなり低いです。

つまり、相手が捉えるあなたは、相手が見ているあなたのこと。
見えない部分は、見えてるところから想像するだけなのです。

ほぼ毎日会う人がいる場合

会社勤めで平日はいつも同じ人と顔を合わせることが多いと、もう少し戦略的に考える必要がありますね。

特に職場が私服だと、ある程度バリエーションが必要です。
それでも、最低、平日5日分の服があれば対応できる。

そこで、枚数を減らすポイント。

冬のファッションは、見えるところが限られている

冬は基本的に重ね着。
なので、下に着るインナーはバリエーション不要です。

極端な話、下着を毎日変えても他人からは判断できませんから。

夏と違ってそれほど汗もかかないので、洗濯が追い付かない!ということはないですし。

※下着にこだわる意識はミニマリズムとは別のところにあるので、下着にこだわることがマイナスなわけではありません

 

同じような理由で、ボトムスもあまりバリエーションはなくてOK。
印象に残りやすいのはトップスなので、ベーシックなものが数種類あれば問題なしです。

ボトムスに関しては、季節感すら不要!

ちなみに私のボトムスは、

  • スカート5着(白・黒・ベージュ・紺・カーキ)
  • パンツ2着(白・黒)

以上。

多く見えます?

でもこれで季節を問わず、1年中回せます。
更に、これで数年回せているので結果ミニマムです。

(カーキのロングスカートだけは、気分転換でスエードのものを購入)

 

まとめ:他人の服装なんて覚えてないから、トップス勝負で事足りる!

職場の人の先週の服装なんて覚えていないですよね。

他人のファッションなんて、よっぽどおかしくない限り覚えていないもの。

たまに印象を変えたいときは、ヘアアレンジと小物で勝負しましょう。
少ない枚数で着こなせる、これこそ本当のオシャレさんです!