幸せになるために

食事を変えることは人生を変えること

少し前から、できるだけ甘いものを食べないように心がけています。

しかしなかなか断ち切るのは難しい!
冷蔵庫にチョコレートが入っていたら食べちゃうし、休日はつい完食してしまいがち。

これでも甘いもの(または間食)をやめるために、食事内容について考え始めたんです。

間食をやめるため、バランスの良い食事に変えよう!

まずは平日ランチの改善。

以前はコンビニのおにぎりかパンを1つ、というパターンでした。
それを少しでも栄養バランス良くしようと、炭水化物単品からお弁当に変えてみたわけです。

おにぎり1個→コンビニ弁当。

その選択は1週間で考え直すことになりました。

『間食をやめる』という目的に対してはうまく効果が出ています。
単純におにぎり1個からお弁当になったので、食べる量が増えて小腹が空かなくなりました。

コンビニ弁当が体に良いのか???という根本的な疑問にぶち当たる

お昼ごはんをコンビニ弁当を変えたタイミングで、仕事が忙しくなりました。
その結果、夕食もスーパーのお惣菜が中心、という一週間。

さすがに『この食生活は身体に良くないよね・・・』という気持ちに。

 

実際、コンビニ弁当ってどうなの?とネットで検索してみる。
すると、怖い情報が続々出てきました。
衝撃的だったのは、毎食コンビニ弁当を食べて栄養失調になったという話。

これでバランスのいい食事を言えるのか?
いや言えないでしょう!

体のためにならないものを食べていても意味がない

以前記事にした通り、私の最終的な目標は1日1食にすること。
1日1食はとてもコストパフォーマンスがよいと思っています。

しかし現実には、お昼に何も食べなければお腹は空くし、間食もしたくなる。
これでも朝食はほぼ食べなくなったので、以前よりは前進しているんです。

 

ベストな1日1食のタイミングは夜ご飯だと思っているのですが、自分の精神が未熟なため、これをやろうとすると夜に暴食してしまう、というのがこれまでの失敗例でした。

これだと1日1食でも痩せません。

今の時点では無理に1食にするよりも、2食に分ける方が現実的なのかも。

 

食事を変えることはその後の人生も変える

身体にいい食事とはどういうものか。

  • 必要な栄養をとること
  • 余計なものを身体に入れないこと

そして加工されてるほど栄養は少ない。
だったらコンビニ弁当よりも、自宅から玄米おにぎりを持参する方がコストも時間的にもパフォーマンスがよいよね。

 

年を取ってからの病気の数々は、それまでの食生活が原因になることがほとんどです。
つまり食生活を改善することが、美容的にも健康的にも、そして老後の医療費の節約にもつながる

これってすごく大事だ。

資産を増やしても、支出も増えてたら意味ないもの。

食事を変えることはその後の人生も変える

これまでおにぎりを持参することすら続けられなかった私。
必要性は感じているので、ここからどうやって日常生活の中に取り入れていくか、改めて考えてみたいと思います。

その後、お弁当生活に変えました。

お弁当は作り置きと常備菜で手軽に続ける平日のランチをコンビニ食からお弁当に変えようと思ってます。 早速、今日から始めました! メニューは、 玄米おに...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください