幸せになるために

人生後半・・・何を楽しみに生きたらいい?

人生後半になる40~50代は不安に陥りやすいもの。

「この先どうやって生きていこう」
「何を楽しみに生きていこう」

以前より身体の疲労が抜けにくくなり、気持ちに身体がついていかなくなったとき。
これから先のことを創造して、楽しそうなイベントが何もないと感じたとき。

これまでそんなふうに考えたこともなかったのに、突然、人生の終わりが見えた気がして、

「このままなんとなく今の生活を続けて、老いていくのかな」

と、気力がなくなってしまいそうですよね。

どうしたらこのような感情を乗り越えることができるんでしょうか。

人生の楽しみっていったいなに?

人生の楽しみっていったい何なんでしょうか。
考えてみると、私がイメージしていたのは、

人生の楽しみ=ライフイベント

のような気がします。

ライフイベントというと一般的には、誕生・就学・就職・結婚・出産・子育てなど。

私が40歳を過ぎて人生の楽しみがなくなった、と感じたのは、ライフイベントがなくなったからかもしれません。

しかし主なライフイベントが10年以上前に終わっている私が、なぜ今さらこんな気持ちになってしまうのか、と考えると他にも理由がある気がしてきます。

独身でも子供がいなくても楽しく生きていける

独身だと強い孤独を感じると聞きます。

たしかに周りの人の家族の話を聞いたとき、家で1人でいるとき、ふと「もし結婚していたら・・・」と考えてしまう気持ちはわかります。

しかし、本当に結婚していない=孤独なのでしょうか?

結婚していなくても、充実した毎日を過ごしている女性もいます。

結婚しても、子供ができずに苦しんでいる女性もいます。

子供がいても、良好な関係を気づけなくて悩んでいる方もいます。

結婚生活や子供に生きがいと感じ、そこに幸せを見出しているのも、それはそれで良い事だなと思います。

ただそれは、
相手がいてくれるから感じられる幸せ=他人にゆだねた幸せ
であって、自分で作りだしたものではないですよね。

「結婚さえしていれば」
という考えは、結婚したあとに
「子供さえいれば」
「家さえ買えば」
「お金さえあれば」
と、つぎつぎ形を変えて現れて、いつまでも消えることはないでしょう。

私も夫はほぼ収入がないし、子供もいません。

悲しんで不満を言うネタならいくらでもあります。
でもネガティブな考えに支配されていてもなーんにも変わらないんですよね。
(実際、10年以上そんな状況でした)

どんな環境であっても、自分を楽しませることができるのは自分だけ、ということ。

生きがいは自分の中から出てくるもの

あなたの心の奥底には、今、なにが隠れていますか?

孤独ですか?
諦めですか?

それはすごくもったいないですよ。

人は生きていることそのものが、奇跡です。

人は生まれてくるまでの10ヶ月間、母親のお腹の中にいますが、その間、母親という大きな力によって守られ生かされています。

それが、生まれてくるときは、自力で母親の産道を通ってこの世に出てくるのです。

出てきた時、すでに自分の意志でこの世に生まれ出てきたというわけですよね。

せっかくこんな壮大なドラマを経験しているんです。
40代からを人生の後半とするなら、もう一度自分のドラマを作ってみませんか?

心にポッカリ穴が空いたような気持ちになっている今だからこそ、周りの意見に流されないで、あなたが本当に楽しいと思うことを始めてみませんか?

初めはたいして楽しいと感じていなかったことでさえ、ちょっとした目標ができると楽しくなってくるものです。

私はダイエットのためにジョギングを始めましたが、ジョギング仲間が増えたことで次第に走ること自体が好きになっていきました。

きっかけなんて、内容なんてなんでもいいんです。

そこにあなたが本当に求めているものが見いだせれば、それが生きがいになります。

自分を主人公にしてみましょう

これからの人生後半を大きなステージとしたとき、そこで演じる役者はあなた自身です。

自分自身が主役ということになります。

せっかく演じるのですから、
物語はハッピーエンドがいいですよね。

どんな物語でも、何もしないでハッピーエンドが訪れる物語はないと思います。

ハッピーエンドにするためには
今、何なにをすればよいのでしょう?

とりあえず自分中心で考えてみましょう。

決して、他人に迷惑をかけろということではありませんよ。

秩序や道徳を守ったうえで、自分が楽しいと思ことをすれば良いのです。

「それがないから困ってるんじゃない」
と思うかもしれませんが、小さなことからはじめてみましょう。

自分が主人公の行動って?

たとえば、帰りに花屋の前を通って、キレイな花を見つけたとします。

その花を見て「キレイだな」と思ったら、
そう思った自分の心を大切にすれば良いのです。

今度は、その花を購入して自分の部屋に飾った様子をイメージします。

「ステキだな」と感じたら、迷わず購入。

今まで花のなかった部屋に、花があるだけで清々しい気分になれませんか?

そんなことしても意味ない、なんて思わないでくださいね。
あなたの心を殺してしまうから。

このように小さなことを繰り返していくと、ある日、大きな目標のようなものが出てきます。

たとえば
「今度は自分で花を咲かせよう」
と思ってベランダで花を育て始めるかもしれません。

もしかしたら、
「もっと花が咲いている景色を見てみたい」
と旅行の計画を立てるかもしれません。

ほんの小さなキッカケが、あなたの行動を大きく変えます。

だから自分がワクワクするものを見過ごしてはいけないんです。

ハッピーエンドのために

自分の物語をハッピーエンドにするために
今から、動き出しませんか?

人生100年時代。
まだまだ先は長いのです。

人生の後半は、まだ始まったばかりです。

これから自分の物語を初めても
決して遅くはありません。

それは、自分の生き方を再確認する事でもあります。

誰のためでもなく、自分のために。

あなだがこれから作るのは、
自分のためのハッピーエンドの物語なのです。

幸せな生き方

私は今この瞬間を幸せと感じてます。
こうして自分の考えが書ける場所があるって、すごく幸せだと思うんです。

だからあなたも、どんな小さなことでも良いので、
幸せと感じることを見つけてくださいね。

動物を飼うことや、新しい習いごと。
自分のためにおいしい料理を作ること。

やることに限定しなくたっていいんです。

自分が好きなこと。
気持ちいいと感じる瞬間。

小さな幸せを見つけるコツは、こちらの記事が参考になるかなと思います。

世界が変わる「幸せリスト」のつくりかた 「毎日やらなければいけないことに追われてる・・・」 「なんで私だけ、こんなに頑張らなければいけないんだろう・・・」 ただただ...

ぜひあなたがワクワクする瞬間を集めて、幸せな生き方を見つけてくださいね。