夫婦円満の秘訣

「ありがとう」を言わない夫にイライラしない5つのコツ

「もう我慢できない。離婚する!」

旦那さんの行動に嫌気がさして、イライラすることってありませんか?
その理由として、「ありがとうを言わない」「感謝の気持ちを言葉にしない」ことが原因になるときがあります。

他人からすれば、「そんなささいなこと?」って思うかもしれない。
でも家族から感謝されない毎日なんて苦痛ですよね。

なぜ、夫はありがとうと言わないのか。
そして、なぜあなたはイライラしてしまうのか。

今回は、イライラをなくして、穏やかな気持ちで生活するためのお話しです。

なぜ夫は「ありがとう」と言わないの?

旦那さんが「ありがとう」を言わない理由として考えられるのは2つ。

家事は妻の仕事、「やって当たり前」と思っている

もしかしたら旦那さんは、昭和気質の考えを持っているのかもしれません。

たとえば「家事は奥さんの仕事」なんて勝手に思ってて、
「奥さんがやるのが当たり前」と思い込んでる旦那さんがいます。

そんな旦那さんは「自分は仕事をして家族を養ってるんだ」
当然のように威張ったりもします。

人は誰でも、自分の育った環境から多くの影響を受けます。
旦那さんの実家が、母親が家事をするのが当たり前だったから、自分の家庭もそれが当たり前だと思ってるのかもしれません。

そもそも「ありがとう」「ごめん」が言えない

感謝の気持ちがあるのか、ないのか、
「ありがとう」や「ごめんね」って
素直に言ってくれない旦那さんもいますよね。

心の中で思っていることを、言葉にすることが苦手なのかもしれません。

「長い付き合いだから、伝わっているはず」
「今更ありがとうなんて、言いにくい」

こんな理由から言葉にしていないかもしれませんが、あんまりいい気持ちはしませんよね。

なぜあなたはイライラしてしまうのか

でも、なぜそれに対してイライラしてしまうのでしょう?

今まで気にならなくて、「最近急に気になりだした」なんて場合、
イライラしてしまうのは、あなた自身が以前とは変わったからかもしれません。

「やってあげてる」という意識がある

「旦那のためにわざわざやってあげてるのに!」

本当はやりたくない。
だけど仕方ないから、わざわざ自分がやってあげている。

そう感じているとき、私たちはそれをやってあげた相手に対して見返りを求めてしまいます。

私も結婚したばかりのころ、妻としての務めを果たさなければ!と積極的に家事をしていました。
だけど、その割には夫に感謝されるどころか、料理の味付けに対して注文をつけられたり、細かいところまで行き届いていない掃除にクレームつけられたり。

家事が得意じゃないのに、頑張っても報われない。

そんな状況にストレスが溜まっていきました。

あなた自身がキャパオーバーになっている

日々の生活の中で、抱えられないストレスを感じていたり、
気持ちに余裕がなくなっていませんか?

もしかしたら、あなたのこころの容量を越えてしまったことが、イライラの原因になっているのかもしれません。

夫にイライラしないようにする5つのコツ

もともと夫婦なんて他人の集まり。
育った環境も、考え方だって違うんですから、
ちょっとやそっとで、お互い分かり合えるはずなんてないんです。

だからちょっとだけ考え方を変えてみましょう。

アイメッセージを使った話し合い

まずは、自分の考え方をしっかり旦那さんに伝えてみませんか?
どんな事がイヤで、負担に思っているのか、どんな風に接してほしいのか、
きちんと話し合ってみましょう。

話し合いの方法として、「アイメッセージ」を使うのがおススメです。
「アイメッセージ」とは、話をする時に、「わたしは・・・」と主語を自分にした話し方。

争いの場面を想像してみてください。
相手に自分の気持ちを伝える時、

あなたは、いつも家事は奥さんがやるって思っているんでしょ。」
あなたにとっては、大したことないかもしれないけれど…。」

自然と、相手が主語になっていることがあります。

相手が主語になっている時、どうしても相手を責める口調になりがちです。

私は、家事を一生懸命に頑張っているけれど、少し疲れちゃった。
誰も声をかけてくれないと、自分が必要ないのかなと考えて、寂しくなったり、時には、なんで分かってくれないだってイライラしてしまうこともあるんだよね。」

自分を主語にして伝えることで、口調が優しくなり、相手を責めることが減ってくるでしょう。
すると、旦那さんも自分の否を認めやすくなります。

言葉では言えないけど…

気恥ずかしくて、言葉にできない男性は多いと思います。
あなたの旦那さんも、もしかしたら態度で示してくれているかもしれません。

少しだけ、自分の感情を押さえて、旦那さんを観察してみましょう。
意外と、頑張って優しさを示してくれてるかもしれませんよ。

実は知らないところで褒めているのかも

本人であるあなたには、直接言葉に出来ないだけで
実は、周囲の人には褒めまくってるかもしれません。

周りにそれとなく愚痴を言ってみて、反応を伺ってみると、以外にも褒めてくれてるかもしれませんよ。

旦那さんを教育しちゃう

この際だから、旦那さん自体を変身させちゃうのも一つの手段です。
自分の思い描いてる旦那さん像に少しでも近づけるべく
こちらから教育しちゃえば良いのです。

ただこれは、旦那さんが強気な人だと、ちょっと難しいかもしれませんね。

あくまでも人の意見を聞き入れてくれるような素直な人なら、実現可能かもしれません。

自分がストレスを感じないように、できることはアウトソーシング

仕事や家事に追われていると、気持ちに余裕がなくなりますよね。
すると、自分でも大したことないって分かっていてもストレスを感じやすくなります。

そんな時は、他の人に頼るのも1つの手。

私はムリして家事をするのをやめました

自分がやる気になったときしかやりません。
「文句があるなら自分でやって」というスタンスです。

夕飯は、ファミレスかテイクアウトで済ませたっていいし、
お掃除ロボットを利用したり、
家事代行サービスに頼むという方法もあります。

自分でも頑張ればできることもあるでしょう。
けれど、ここはあえて周囲にお願いすることも考えてみてください。

お願いをしている時間は、あなたの時間です。

一人でお茶をしてゆっくりくつろいだり、なかなか行けなかった美容院に行ったり、
映画やショッピングでリフレッシュするのもいいかもしれません。

ちょっと羽を伸ばす時間を作ることで、気持ちにゆとりを持てるようになります。

ありがとうと言わない夫へのイライラを減らしてみよう【自分たちの夫婦の形を築く】

夫が「ありがとう」を言わない問題と、それにイライラしないコツについてまとめました。

正直な話、夫婦なんて元をただせば他人です。
お互い分かり合うのには長い時間がかかるもの。
死ぬときに「ああ、この人で良かった」と思えればいいと思います。

お互いちょっとだけ譲り合って、ちょっとだけ優しくなって
自分たちなりに夫婦の絆を深めるのも、ありかもしれませんよ。